FOOD / 2021.04.14

心斎橋PARCO地下2階のグルメダンジョン「心斎橋ネオン食堂街」に潜入! ~あ! あの店知ってる!? な人気店編 ~(前編)(1/2)

心斎橋PARCO地下2階のグルメダンジョン「心斎橋ネオン食堂街」に潜入!  ~あ! あの店知ってる!? な人気店編 ~(前編)

満を持して心斎橋PARCOの地下2階にオープンした「ネオン食堂街」。その名のとおり派手なネオンが彩る地下空間に、全国初出店も含む全25店舗がずらりと軒を連ねます。個性的すぎる店舗ラインナップは心斎橋PARCOの公式WEBサイトで確認していただくとして、今回は大阪府内に店舗を構える人気店の新店や注目店を中心に“Let’s 飲みニケーション”。ということで、スタイリストとして活躍する清水祐樹さんと、アメ村や中崎に展開する人気ヴィンテージショップ『AURA』のバイヤー、薬師あきほさんの2人がネオン食堂街の注目店を練り歩きます。

  • Photo
    Yasuhisa Taniwaki
  • Text & Edit
    Masashi Katsuma
  • Model
    Yuuki Shimizu , Akiho Yakushi
  • Creative Direction
    caruta creative

 

 

 

フレンチおでんブームの火付け役として名高い、梅田の超人気店『赤白(コウハク)』のミナミエリア初のお店。 おでんといえば日本の食卓の定番メニュー。それに“フレンチ”のソース技術が加わるとこうなるのか!! とため息が出るほど美しいメニューの写真が外にズラリと掲げられています。



画像

薬師さんが「わたし『赤白さん』大好きなんです♡」と言うように、フレンチおでんの魅惑に取り憑かれたひとは数知れず。 フレンチおでんは一時ブームになりましたが、ここはなにせ火付け役。 つまりホンモノ。
なんと三つ星レストラン出身のシェフ2人を筆頭に、メニュー開発から店頭での調理までも担当。 料理の美しさとおいしさ。それがこの価格で…と、行列の理由に納得です。
店内をぐるっと囲むようなカウンターと(もちろんテーブル席もあります)、柔らかな色味の装飾が女子のハートを鷲掴みにしてくれます。

 



画像

見た目のオシャレ度からすると相当エエ値段がしそうですが、なんとこの「大根ポルチーニ茸のクリームソースかけ」は180円!! めちゃくちゃ安い!!
清水さんは「フレンチおでんって初めて食べますね。濃厚な見た目なんですけど、意外とあっさり。これがこの値段とは…」と感動していました。

(活)オマール海老半身ソテー 野菜ブリニと甲殻類のソースヴァニラと柑橘の香り1,790円(税込)

思わず噛んでしまいそうな長い名前だけど、ほかではオマール海老をこの価格では味わえません。

 

画像

もちろん、ワインやシャンパン、ビールにソフトドリンクなど多数スタンバイしています。
みなさん、昼間から『赤白』で幸せになりましょ!

画像