FOOD / 2021.03.23

心斎橋PARCO地下2階のグルメダンジョン「ネオン食堂街」に潜入! ~気軽に海外に行けない今だから、旅行気分で食べ歩き編(後編)~

心斎橋PARCO地下2階のグルメダンジョン「ネオン食堂街」に潜入! ~気軽に海外に行けない今だから、旅行気分で食べ歩き編(後編)~(1/3)

心斎橋PARCO地下2階のグルメダンジョン「ネオン食堂街」に潜入! ~気軽に海外に行けない今だから、旅行気分で食べ歩き編(後編)~

満を持して心斎橋PARCOの地下2階にオープンした「ネオン食堂街」。その名のとおり派手なネオンが彩る地下空間に、全国初出店も含む全25店舗がずらりと軒を連ねます。個性的すぎる店舗ラインナップは心斎橋PARCOの公式WEBサイトで確認していただくとして、今回はその中から、アジア料理を中心に、海外旅行気分を味わえる6店舗をクルーズ。心斎橋digmeoutカフェの元スタッフ、古着屋のチュナちゃんとグラフィックデザイナーの夢ちゃんに、がっつり食べまくってもらいました!

  • Photo
    Yasuhisa Taniwaki
  • Text & Edit
    Semeko Konrinzai
  • Model
    Chuna, Yume
  • Creative Direction
    caruta creative

 

 

 

続いてやってきたのは、韓流チキンのお店。ヤンニョムチキンやフライドチキンのほかに、人気の居酒屋メニューやお鍋、一品料理も揃います。
 
看板メニューのチキンは、本場の味にこだわり。チュナちゃんによると、フライドチキンは「サックサクでめっちゃ美味しい!2種類のソースとレモンで味変できるのもいい」。夢ちゃんのヤンニョムチキンは「味が濃いのかなと思ったけど、全然。ペロっと食べれます(笑)」。

画像

ヤンニョムチキン、フライドチキンとも、6ピース1,350円(税込)

 

画像

ビニール手袋をして豪快にかぶりつくのが韓国スタイル。

 
チュクミサムギョプサル(イイダコのサムギョプサル)や、ナッコプセ(タコと海老とホルモンの鍋)など、韓国で人気の鍋料理もいろいろ。見た目も映えるので、これから日本でもブームが来そうです。

画像

チュクミサムギョプサル、ナッコプセ、UFOチキンなど、トレンド最前線の鍋料理をラインナップ。

 

画像

店内には、10名まで入れる個室のVIPルームも完備。お祝いなどのパーティにも。

さらにここのお店、すごいのは料理だけではなくその空間。パステルカラーを基調にした内装は、K-POPのMVの世界観を再現したもの。ダイナー風のインテリアは、そのまんまMVの撮影セットみたいなかわいさです。 ランチ、カフェ、ディナー、バータイムと、照明も時間帯によって変化。いろんな雰囲気が楽しめるから、何度でも足を運びたくなります。

画像

バータイムのムーディーな照明の中、ザクロ味のチャミスルで一献。

 

画像

「何をどう撮っても映える!」と2人が感動していた、虹色の影が落ちるライティング。

 
壁面に設置した100インチのサイネージビジョンでK-POPのMVを流したり、今後は店内でダンスショーなども計画中。まさに、K-POPファンにはたまらない空間になりそうです。韓国人オーナーさんの人脈で、今後K-POPアイドルが打ち上げに来る、、、なんてこともあるかも。
 

Honmani Chiken
TEL.06-6244-5802

Other Posts

その他の特集記事