FOOD / 2021.04.14

心斎橋PARCO地下2階のグルメダンジョン「心斎橋ネオン食堂街」に潜入! ~あ! あの店知ってる!? な人気店編 ~(後編)(1/3)

心斎橋PARCO地下2階のグルメダンジョン「心斎橋ネオン食堂街」に潜入!  ~あ! あの店知ってる!? な人気店編 ~(後編)

満を持して心斎橋PARCOの地下2階にオープンした「ネオン食堂街」。その名のとおり派手なネオンが彩る地下空間に、全国初出店も含む全25店舗がずらりと軒を連ねます。個性的すぎる店舗ラインナップは心斎橋PARCOの公式WEBサイトで確認していただくとして、今回は大阪府内に店舗を構える人気店の新店や注目店を中心に“Let’s 飲みニケーション”。ということで、スタイリストとして活躍する清水祐樹さんと、アメ村や中崎に展開する人気ヴィンテージショップ『AURA』のバイヤー、薬師あきほさんの2人がネオン食堂街の注目店を練り歩きます。

  • Photo
    Yasuhisa Taniwaki
  • Text & Edit
    Masashi Katsuma
  • Model
    Yuuki Shimizu , Akiho Yakushi
  • Creative Direction
    caruta creative

 

 

 

そのだと言えばスタンド。スタンドといえばそのだ。 いまや“そのだ”と言えばここのことを指すほどの、言わずもがなの人気店。 大阪の新しい大衆居酒屋としての地位を確立した、かの『スタンドそのだ』がついにミナミへやってきた。

 

もちろん今回のゲスト、清水さんと薬師さんも谷六の本店へ何度か訪れたことがあるそうだが、「このパルコにできたっていうのがいいですよね!」(薬師さん)、 もちろんそのださん目当てでも、ほかのお店に行ったついでにも寄れるし」(清水さん)と口を揃えて言う。

画像

そのだと言えばコレ! 名物中の名物、チャーシューエッグ495円(税込)

色あざやかな目玉焼きと、照り照りのチャーシューを絡めて。 美味くないわけがありません。

 

画像

こちらも定番の中華そば825円(税込)。魚介ベースのしょうゆ味がやみつきになります。さらに、ハマグリとレア目のチャーシューがそのだ流。 呑んだあとのシメにもペロリといけちゃいます。



画像

懐かしい人には懐かしい、アニメやゲームのキャラクターグラス。 コレで呑むお酒はひと味違うかも?
“気軽に行ける”という大衆居酒屋本来の姿が、このネオン食堂街にはあります。 それを象徴するのが“そのだ”なのかもしれません。