ART&CULTURE / ARCHIVE / 2023.12.28

LIVE REPORT|心斎橋 PARCO3 周年記念音楽イベントをレポート!人気アー ティストによるライブの模様をCHECK‼︎(1/3)

LIVE REPORT|心斎橋 PARCO3 周年記念音楽イベントをレポート!人気アー ティストによるライブの模様をCHECK‼︎

「感謝をカオスに」を合言葉に、様々なイベントが開催された心斎橋PARCOの3周年。人気アーティストによるライブも多数実施され、大盛況のうちに幕を閉じました。今回は、11月22日(水)、23日(木・祝)、25日(土)に14FのSPACE14で行われた3つのライブをレポート。それぞれ個性の異なるライブの様子をチェックして!

  • Edit& Text
    Yuka Muguruma
  • Photo
    Noriko Uemura

01_ Testa

11月22日(水)に実施された『心斎橋PARCO 3rd ANNIVERSARY 3MAN LIVE』。最初に登場したのは、大阪を中心に活動する4人組インストバンド・Testa。シリアスながら遊び心のあるサウンドに、のっけからオーディエンスの熱い視線が注がれます。

 

 

 


 

MCでは、「僕らインストバンドなんで歌わないんです。歌いそうな雰囲気なのに歌わないから、ノリづらくってごめんね」と笑いを誘います。転調を多彩に散りばめた複雑かつドラマティックなナンバーに、オーディエンスは夢中で聴き入っていました。

 

Artist: Testa

 

 

02_DENIMS

お次は、大阪・堺で結成された4人組バンド・DENIMS。大阪の街中カルチャーとも馴染み深い4人がステージ上に姿を現すと、フロアには大きな拍手が鳴り響きます。


 

「B2Fのネオン食堂街はよく行くけど、14Fにこんな秘密クラブのような場所があったとは知りませんでした。心斎橋PARCO3周年おめでとうございます!」とVo./Gt.の釜中健伍。さらに「僕たち周年大好きなんで、結婚式でも何でも呼んでくださいね」と、ちゃっかり営業トークも。心地良さをまとったキャッチーなサウンドに酔いしれるひと時を過ごしました。

 

Artist: DENIMS

 

 

03_GOMA & The Jungle Rhythm Section

この日のトリを飾るGOMA & The Jungle Rhythm Sectionのライブが始まる頃には、仕事帰りに駆け付ける人も増えてボルテージも最高潮に!こちらはディジュリドゥ・アーティストのGOMAを中心とした踊れるグルーヴバンド。怒涛のリズムとディジュリドゥのセッションが織りなすカオスティックな世界観が魅力です。

 

 

 

 

大地から湧き上がるようなディジュリドゥの音色にリズミカルな楽器のサウンドが重なり、さらに VJ による視覚演出も加わって会場には幻想的なムードが漂います。ダンサブルな楽曲が次々と展開され、オーディエンスは総立ちに!
激しく踊る人の姿もあちこちで見られ、まるでライブハウスに来たかのような盛り上がりを見せました。


 

「今年は心斎橋 PARCO でアートの展覧会もやらせていただき本当にお世話になりました。今日は、そんな大阪の大好きな仲間のもとへ帰って来られて幸せです。3 周年おめでとうございます!」と GOMA。最後の楽曲では大きな手拍子が会場全体に響き渡り、大歓声に包まれながら終宴を迎えました。

 

Artist: GOMA & The Jungle Rhythm Section