ART&CULTURE / 2020.11.09

MINAMI

写真家・横浪修が切りとった大阪の風景「MINAMI」

写真家・横浪修が切りとった大阪の風景「MINAMI」

アートブックのような心斎橋PARCOオープンカタログで、美しく、そしてどこか可笑しみのある写真を撮りおろした横浪修さん。東京を拠点に活動する横浪さんが、異邦人の目線から大阪の街を切りとりました。ここに住む人には見慣れた風景が、新しい姿を見せています。

「MINAMI」

30年程前に田舎から出てきて大阪に住んでいたことがある。

最初に住んだところが天六で、遊びに行くところは北だった。

ミナミはオシャレな人達が行く街で、

田舎から出てきた僕にとってはハードルが高かった。

気が引けた。少し怖かった。

そんなエネルギッシュな街がうらやましかった

(横浪修)

横浪修

文化出版局 写真部を経て、中込一賀氏に師事。主にファッション誌や広告を手がけている。著者に写真集『100children』『1000children』『Assembly』『Assembly snow』『MIZUGI』『PRIMAL』などがある。近日、写真集『kumo』をLibrarymanより刊行予定。

1/1

Other Posts

その他の特集記事