ART&CULTURE / 2024.06.30

EVENT REPORT|PARCO的フェス「PARCO MEETS JAM」で行われた、フジロックを先取る音楽ライブや古着イベントの模様をプレイバック!!(1/3)

EVENT REPORT|PARCO的フェス「PARCO MEETS JAM」で行われた、フジロックを先取る音楽ライブや古着イベントの模様をプレイバック!!

「心斎橋PARCOでファッション・音楽・フードを楽しむ!」を合言葉に5月31日から6月2日までと、6月7日から6月9日に渡って開催されたPARCO的フェス、その名も「PARCO MEETS JAM」。フジロック’24を先取りできる「FUJI ROCK DAYS SPECIAL PARCO LIVE」をはじめ、「FUJI ROCK POP UP」や古着イベント「だから古着はやめられない SPECIAL!」など、充実のコンテンツが2週連続で楽しめるとあって、フロアは常に大盛り上がり。そんな「PARCO MEETS JAM」の模様を、たっぷりの写真とともに振り返りながらお届けします!

 

  • Edit&Text
    Akihiro Maede
  • Photo
    Toshifumi Kobayash

6月8日&6月9日にB2F「心斎橋ネオン食堂街」の特設ステージで行われた「FUJI ROCK DAYS SPECIAL PARCO LIVE」では、フジロックに出演経験のあるアーティストが集結!圧倒的近距離でステージが楽しめるだけではなく、様々なコンテンツも用意され、まさにフジロックモードが全開に。そんな中、初日のトップバッターを飾ったは、YONA YONA WEEKENDERSの磯野くん。ツマミになるアコースティックミュージックを標榜する磯野くんならではの、心地いい音とシンクロする時間が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブの途中では、お馴染みの乾杯をオーディエンスと一緒に行い、グルーヴ感もグッとアップ。磯野くんの表現力豊かな歌声とアコースティックの沁みるメロディに、チルな気分がどんどん高まっていきました。

Airtist:磯野くん(YONA YONA WEEKENDERS)

https://www.instagram.com/isonoyakyushiyoze/

 

ライブとライブの合間には、B2Fの大型ビジョンにフジロックのお宝映像を放映!RED HOT CHILI PEPPERSやColdplay、OASIS、Biorkといった錚々たるアーティストの映像が映し出され、みんなクギヅケに。

 

 

 

心斎橋PARCOの1Fエントラスでは、オフィシャルグッズの販売に加え、フジロック’24のチケットも購入できる「FUJI ROCK POP UP」も出現!しかもチケット購入者には、フジロック’24開催中の苗場プリンスホテルの宿泊券をはじめ、豪華なプレゼントが当たる抽選会も行われ、終始賑わいを見せていました。

 

 

 

 

 

 

6月8日にMCを務めたのは、FM802でDJを務める“ばんちゃん”こと板東さえかさん。フジロック好きを公言しているだけに、自身の体験談を交えた軽快なトークでフロアの雰囲気を一層盛り上げていきます。

 

 

そして、みんなが待ち侘びる中、2024年から本格的にソロアーティストの活動をスタートさせた荒谷翔大が登場。彼の持つ多彩な歌声に、オーディエンスは急加速で引き込まれていきます。

 

 

 

 

 

 

新曲の“紫苑”をはじめ、“涙”や“愛言葉”といった名曲がオンパーレドするセットリストに、感動のスイッチも一気にON!彼の姿を目に焼き付けるように見つめるオーディエンスは、気持ちよく横揺れを楽しみながら、荒谷翔大の世界を存分に楽しんでいました。

Artist:荒谷翔大(solo set)

https://www.instagram.com/araaraaratani/

 

 

 

B2Fにある「TANK酒場」の一角では、雑誌「Meets Regional」7月号の特別販売会も実施。月刊誌として今年で創刊35年目を迎える「Meets Regional」が、同じく開局35周年を迎えたFM802を大特集した今号では、大阪を盛り上げまくるラジオ局を大解剖しています。皆さんもぜひチェックしてみてください!

 

 

 

また、「Meets Regional」プレゼンツのお茶会も大盛況!フジロックでも披露されたことがあり、真っ赤な衣装に身を包んだ浜崎健さんと対峙してお茶を楽しむ時間は、まさにスペシャルであり異世界にトリップする感覚です。多くのお客さんが列をなし、このお茶会を体験していました。

 

 

6月8日のライブも、ついにラストステージへ。トリを務めたのは、スカート名義でも活動する澤部渡。一際大きな拍手で迎えられ、伸びやかで清涼感のある歌声がフロアに響き渡ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“ストーリー”や“CALL”といった人気のナンバー、名曲の予感がビシバシ感じる“君はきっとずっと知らない”なども披露。1人での弾き語りなのに強い存在感を示すステージに、オーディエンスも幸せいっぱいの表情を見せていました。

Artist:澤部渡(スカート)

https://www.instagram.com/skirt_oh_skirt/

 

 

 

フロアがフジロック色に染まり、大盛況で初日を終えた「FUJI ROCK DAYS SPECIAL PARCO LIVE」。最高の音楽を思いっきり楽しんだオーディエンスの皆さんのSNAPもお届けします!!出演していただいたアーティストの方々の姿もお見逃しなく!